代理店型自動車保険のデメリット

副業の保険代理店は吟味して

代理店型自動車保険は、損害保険会社と代理店委託契約を締結した保険代理店が販売する保険です。デメリットに、保険代理店の全てが保険内容に詳しいとは限らないということが挙げられます。
というのも、副業の保険代理店も少なくないためです。例えば、本業に自動車ディーラー業務や自動車修理業務などを持つ会社があります。
多くの保険代理店は自動車に精通し、扱っている保険内容にも詳しいですが、一部はそうでないことを知っておくべきでしょう。代理店の利益を優先せず、契約者の利点を考えてくれる優良な保険代理店を探すことが大切ですが、実際のところ容易ではありません。探すときは保険代理店としての実績が豊富か、担当者の知識が十分かを確認するといいでしょう。

料金はダイレクト型の2倍以上

ダイレクト型自動車保険と比較すると、代理店型自動車保険の料金は高いのが一般的で、これもデメリットと言えます。ダイレクト型自動車保険は通販型とも言われ、対面で契約する必要がなく、ネット契約できるためにコストが抑えられています。
一方、代理店型自動車保険は担当者が対面で契約者の希望をリスニングした上で適切な保険商品を提案してくれるので、手数料を支払うと考えてこちらを選ぶ人も少なくありません。しかし、代理店で契約するのと損害保険会社と直接契約する場合で、料金が変わることはありません。つまり、元々の料金設定が高いのです。
日々高いと感じて、値下げ交渉を行っている代理店型自動車保険も存在します。将来的にダイレクト型自動車保険との料金差が少なくなっていく可能性はあるでしょう。