代理店型自動車保険にはどんなものがあるのか

代理店型自動車保険の種類

自動車保険における代理店は、顧客のライフスタイルに合った保険の提案や、保険会社との契約における手続き、事故時の保険会社との連絡などを代行する会社です。自動車保険の代理店は2つの切り口から分類することができ、これに合わせて、選べる代理店型自動車保険の種類が変わってきます。1つ目は代理店が専業か副業かというもの。業者が保険の販売を専門的にしていれば「専業」、車のディーラーや旅行保険をメインとして、付加的に自動車の保険も取り扱っていれば「副業」ということになります。2つ目は専属と乗り合いかの区別です。「専属」が、ある一つの保険会社の商品のみを取り扱うのに対し、「乗り合い」の代理店は様々な保険会社と提携しています。

各保険形態を用いた時のメリット

代理店が専業か副業かでは、保険選択にどう影響が出るのでしょうか。専業の代理店は保険についての知識が豊富なので様々なアドバイスをくれます。従って、数ある保険会社の商品を比較し、自分に合ったプランを選びやすいです。また、事故時の対応にも慣れているので、頼れる存在です。一方副業代理店は、本業で行っている事業に関連した保険商品しか取り扱っていないので、紹介された保険に入ることが多いです。しかし、車検や車購入の際にすぐ保険に入ったり更新したりできるので、お手軽です。次に専属と乗り合い代理店の違いが生む保険選びの差異を見ていきましょう。提携先の保険会社の数から考えて、乗り合い代理店を介したほうが、複数の保険商品を比較してより安く良い保険を選ぶことができますよね。他方、予め私たちが契約したい保険会社を決めているときは専属業者を使うとよいです。その会社について熟知し、お得なプランも紹介してくれるからです。