通販型自動車保険にはどんなものがあるのか

外資系保険会社が提供する保険

金融業界はかつて固定的なルールがあり、他からの参入がしにくかったようです。現在は自由化が進んでそれ以前には参入していなかったような会社がサービスを提供しはじめました。自動車保険の中には通販型と呼ばれるタイプがあり、その象徴ともいえるのが外資系の損保会社かも知れません。基本的には日本の会社と同じようなサービスが受けられますが、日本の会社と異なる点もあるので知っておくと良いでしょう。異なる点としては世界的に導入されている新しいサービスをいち早く取り入れるところがあるでしょう。今や多くの会社で導入しているリスク細分型保険なども外資系が最初に導入しました。その他保険金の支払いが他よりもスピーディーとされています。

大手損保会社の子会社が提供

大手損保会社は代理店型の保険を提供しているので、どうしても保険料などが高めに設定されています。できるだけ保険料を安くしたいと考える人は通販型の損保会社に流れるようになり、大手会社としても顧客の引き留めが必要になってきました。そこで登場してきた通販型の損保会社に大手損保会社の子会社があります。社名などは横文字が多くて無名なので心配になるかも知れませんが、良く調べると大手損保会社が全額出資をしている保険会社であることもあります。通販型なので他の通販型の保険同様に割安な料金設定になっていて、親会社が大手損保会社なので倒産の心配も少ないないでしょう。ロードサービスなどは大手のサービス網を利用できるケースもあります。